チベット体操とは・・・

IMG_9151.JPG

 

チベット体操

Tibetan Exercise

 チベット体操で心とからだを整える

 

生活の一部に取り入れたいのが「チベット体操」

朝、呼吸が深くなるため頭がクリアーになり、からだがすっきり!

"若さ"健康"活力"を永遠に保つ チベットの秘法「5つの儀式」はからだの7つのチャクラ

(氣の入り口であり、細胞の再生・活性を促すエネルギーの出入り口、ホルモン分泌腺を調整する)の働きを活性化します。

 

たった5つの体操で、ヨガよりも簡単で覚えやすく、習慣化しやすい体操です。

 

最初の1週間は一つ一つの体操を3回ずつ

2週目からは5回

3週目からは7回・・・と回数を増やし

21回ずつ行えるようになるのが理想

 

できるだけ呼吸に意識を向けて、無理せず出来る回数を習慣にするのもお勧めです。

 

ただからだを動かすのではなく、基本姿勢をキープしながら呼吸に合わせて行うことがポイント。

深く腹部まで息を吸い、十分に吐き切るように。

体調や生活のスタイルに合わせて初めて見てくださいね☆

 

♦東京都 新宿区 新宿御苑クラス 週末・月2回 9:30-11:00♦

♦東京都 新宿区 神楽坂クラス♦

♦千葉県 松戸市新松戸クラス 土曜日・月2回 9:15-10:45♦

LESSONスケジュールはコチラになります

 

チベット体操の歴史

 1600年後半、チベットのルクハンの寺で、チベット僧侶たちが"108の動き"

(体操のようなもの)を教義の一つとして練習していました。

それは長い間チベット僧侶達の間だけで行われていましたが、

一連のある"5つの基本動作"を抜粋し、

シンプルで効果的な「5つの儀式」としたものが、

1939年に書かれた本「若さの泉 チベット体操」(著・ピーターゲルダー)として紹介されました。

簡単な"5つの儀式"であるという点で現代人の興味を引きました。

 

このチベット体操、"ヨガの原型"や"ヨガと似ている体操"と巷でいわれております。

一般的なヨガはハタヨガを主流とし、全身を使った色々ないろいろなポーズをとる

ストレッチと認識される方が多いようですが、

ハタヨガの"ハタ"の本来の伝統的な意味は、

永遠の平和を根源とするヒンドゥーヨガ哲学のことで、

このヨガが3000年ほど前にチベットに伝わりました。

 

 ひとつのポーズを数秒間キープするのがハタヨガですが、

チベット体操は"呼吸と連動させた体の動き"を強調しています。

 

約2500年前、ルクハンの寺の壁画に描かれた108の動き(チベットヨガ)は

チベット僧侶達によって実践され、後世に伝わりました。

何をもとにチャクラを意識した"5つのチベット体操"がここまでシンプルに構成され、

チベット僧侶達の教義として、チベットの叡智がこの体操に凝縮されたかは不明ですが、

2000年以上も変わらない形のまま、現代に引き継がれています。

(そのためヨガの原型と呼ばれることがあるのでしょう)

 

当会TibeYOGAでは「5つのチベット体操」「チベットの呼吸法」「チベットの瞑想法」

「チベットの真言(マントラ)」そして、「108のチベットヨガ」

(文章前半に108の動きのようなものと説明した体操」

もみなさまに体験いただけるクラスです。

 

からだの固さ、年齢問わず安全にお楽しみいただける体操です。

ご縁ある方々と楽しいひと時をともに紡いでまいりましょう。

お会いできるのを楽しみにしております。